借金ナシ副業大家きりたろう

副業で現金を増やして不動産を全額現金一括買い

加藤ひろゆき氏「草むらを更地にするだけで高収益 激安!空き地投資」読んだ

不動産

加藤ひろゆきさんの新著

私が大家になるきっかけになった本を書かれた加藤ひろゆきさんの本でかつ気になるタイトルだったので購入して読んでみました!


草むらを更地にするだけで高収益 激安! 「空き地」投資

ちなみに初めての物件を買うまでに私が読んだ書籍一覧についてはこちらに記載しています。

今回の書籍で紹介されているのは、建物の無い土地を購入して、そのまま、もしくは開拓(木を切ったり砂利を敷いたり)して貸土地の運営をするノウハウですね。

土地を安く買うための指値や現金購入については加藤ひろゆきさんの他の本でも紹介されている「アパートや戸建てを安く購入する方法」と同じやり方でしたのでそういった部分を知りたい人は別の本も読んでみると良いと思いますが、興味が土地についての運営であればこの本を読めば一通り勉強できると思います。

貸土地について思っていたこと

そもそも、大家をやっていれば土地を貸すという選択肢はありました。

しかし、今までやってこなかったには理由があります。

この本を読むまで思っていたことを書いてみます。

  • 利回りが低い
  • 駐車場としての使いみちくらいしか思いつかない
  • 駐車場運営事業者に打診して需要ナシと判断された土地は運営できない
  • 災害に強い
  • メンテナンスは少なくて運営負担は軽い

貸土地について知ったこと

この本を読んで改めて思ったことを書いてみます。

  • 利回りは低い
  • 駐車場以外にも、店舗のテナント需要がある
  • 客付けには時間がかかる
  • 災害に強い
  • メンテナンスは少なくて運営負担は軽い

この本を読んで大きく認識が変わったポイントとしては、貸土地は駐車場以外にも、店舗へのテナントとしての需要があると知れたことです。

大きな国道沿いであれば中古車販売店や外食産業の需要も結構あるみたいですね。

貸土地について私の結論

今までに書いたとおり、貸土地は災害に強くメンテナンスもほぼ必要ない代わりに利回りが高くはありません。

なので、最初は利回りの高いボロ木造物件を買っていって、ある程度高利回りの家賃収入を確保できたら土地の運営に手を出してみようかと思います。

私は現在3戸所有なので、具体的には5戸所有くらいまで行ったら土地を買ってみようかなと思っています。

買うとなったら気合を入れてやりたいのでもう少しだけ高利回り物件を増やしてからチャレンジしてみます^^

Tagged ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です