借金ナシ副業大家きりたろう

副業で現金を増やして不動産を全額現金一括買い

150万円の団地区分物件を買って賃貸募集するまでにかかった修繕内容一覧と費用がこちら

不動産

お盆前にようやく団地区分物件の修繕が完了したので、かかった費用やら直した内容を詳細に記録しておこうと思います。

どんな物件を買ったのか

購入時にざっと特徴をこちらに記載していました。

ちなみに、購入時には裁判所の許可が必要な物件でしたがだからといって特に難関も何もありませんでした。

不動産業者さんに言われた書類を用意するだけでした。

購入時の費用、税金一覧

こちらにすべて記載しておきました!

購入時の状態

空き家期間10年間、築40年超えということでボロいですが、築古ボロ物件を数多く見てきたワタクシからすると「かなりキレイだな・・・!」というのが最初の感想でしたw

※風呂の写真撮り忘れてしまいましたが風呂はすごいボロさでした><

金がかかりそうな水回りは風呂だけだし、床と壁は何もしなくて大丈夫そうなので購入に踏み切りました!

修繕後の状態

いつも頼んでいる工務店の社長にお願いして、必要最低限の修理を行いました!キレイ!!!

修繕内容と費用一覧

以上の修理を行い、現在は外国人2名が内見予定となっています。

結構キレイにできたつもりですが内見してもらっての感想がまず気になるところです。

早く決まるといいなあ。

修繕内容と費用一覧を書いておきます。

給湯器、シャワー水栓、リモコン、配管、湯船全取っ替え・・・31万円
水廻り修理・・・16万円
建具調整、敷居すべり取り付け、障子処分・・・4.8万円
クリーニング(2日分)・・・6万円
換気扇交換・・・2.5万円
浴室照明器具交換・・・2.35万円
火災報知器取り付け・・・1.95万円
鳩よけ用薬取り付け、清掃・・・4,940円
網戸、ガステーブル処分・・・1.3万円
その他経費・・・4万円
消費税(8%)・・・5万6,315円
合計・・・76万円

端数の225円はおまけしてもらいました。

150万円の物件なので76万円で修理なら226万円で買ったと考えるとそれでも4.3万円の家賃なら全然アリだなというところ。

税理士先生に相談したところ、減価償却期間の短い築古木造物件を買ったほうが節税できそうということなので早く入居者をつけて次の物件探しに出かけたいところです!

Tagged , , ,

1 thought on “150万円の団地区分物件を買って賃貸募集するまでにかかった修繕内容一覧と費用がこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です