借金ナシ副業大家きりたろう

副業で現金を増やして不動産を全額現金一括買い

150万円の区分団地物件を買うのにかかった諸経費と維持費、税金を全部公開!

不動産, 副業

先日無事に決済の終わった区分団地物件、せっかくなので諸経費を記録しておこうと思う。

ちなみに風呂はガス屋さんに確認してもらったところ使えなさそうだったので31万円かけて取っ替えることにw

物件の情報

千葉県内下降トレンドの駅徒歩20分ほどの団地区分
5階建て中5階
エレベーターなし
50平米3DK
築46年
洋式トイレ
ベランダは鳩のフンだらけ

売買時の諸経費


まず売買代金が150万円、手付金として契約時に10万円支払っていたので-10万円と書いてある。

続いて仲介手数料。これは物件の価格により変動する。ワタクシのように築古ボロ物件を格安で買うとここの係数は高め。
今回は200万円以下の物件なので5%に消費税を加えて8.1万円。

登記費用は文字通り登記するための司法書士の先生に支払うお金。

固定資産税と管理費あたりは引き渡し日から起算して買い主-売り主間の精算。

ここまでで、売買までに必要だった現金は150万円の物件に対して24万円弱

およそ物件代金の16%が諸経費でかかったことになる。

そして後日ではあるが忘れた頃に不動産取得税も請求が来る。

この辺も込で考えて私は購入を検討する物件の利回り計算は諸経費20%を上乗せして考えるようにしている。

維持費、税金

管理費+修繕積立金118,800円/年間
固定資産税37,800円/年間
都民共済5000円/年間

管理費、修繕積立金は物件によりぜんぜん異なるのであまり参考にならないかもしれない。
とはいえ区分物件だとここは利回りを圧迫するし、逆にここが安い代わりに物件の管理がひどかったら買わないほうがいいし、ということでしっかり調査をしておくことは必要だ。

固定資産税はRC物件なのでやや高いと思う。
私の茨城の木造戸建ては180万円で購入したが年間固定資産税は2万円だ。

維持費から考えて、仮に入居がなくて空き家のまま持ち続けたときのリスクとしては年間15万円強の支出ということになる。

現金で買っているので気が楽だ。

Tagged , , ,

2 thoughts on “150万円の区分団地物件を買うのにかかった諸経費と維持費、税金を全部公開!

  • 同じ金額でさいたま市の団地を購入しました。
    諸費用もまったく同額掛かりました。
    お仲間ですね。わたくしは実際に住んでいるのですが、
    とっても快適です。自分で可能な限りリフォームしました。

    1. コメントありがとうございます!!場所は違えどやはり諸費用全く同じなのですね。こちらの物件、修繕は完了したのですがワタクシも結構キレイにできていると思っていて、快適そうに思えます。ご自身でリフォームされるなんて素敵です!(ワタクシは工務店にお願いしてしまいましたw)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です