借金ナシ副業大家きりたろう

副業で現金を増やして不動産を全額現金一括買い

遺品回収業者をやってそのついでに家屋を買い取る作戦を思いついた

不動産

実は儲かる遺品・不用品回収業者

本日、ヤフオクを見ていて配送料を考えるとほぼ利益の出ないような出品をしている人を見かけた
気になったのでアカウントを調べてみたら、「遺品回収、ゴミ屋敷、不用品回収」を行う法人だった。
回収の料金表があったので見たところ、数万円〜20万円くらいの価格であった。
そこで考えた。これ、両手取りのビジネスなので美味しいのでは?と。

そこで実際にやっていた人の話を聞いてみた。
その人は5人ほど雇ってトラックを買って、不用品回収をしていたそうだ。
儲かり過ぎて、フットサルコートを買ったらしい。
やはりこの商売、儲かるみたいだ。
低速走行している軽トラの「廃品回収します」とアナウンスしているやつも相当儲かるそうだと聞いた。
今どきなら不用品はヤフオクやメルカリでも処分できる。

不用品回収業者の皮をかぶった投資家戦略

そこでワタクシ思いついた。天才かと思った。
物品の回収は高単価でお金が取れる。
さらに回収したものから捨てるものと、ヤフオクやメルカリに出品するものに分ける。
さらにさらに、物品回収に行くときは「空き家を現金で即買い取り可能です!」みたいなビラをお渡しする!

これぞまさに赤ずきんをかぶった善良な不用品回収業者と見せかけてその実狼のように利益を狙う不動産投資家、という作戦だ。

多くの空き家を見てきたワタクシには分かる・・・分かるぞ・・・!
見るからに空き家な物件にはとんでもない量のビラが投函されている。
そのほとんどは、不動産屋の「高価買取!」のビラだ。
しかし、空き家にたまに来てビラを捨てるのは持ち主の子供だったりする。
当然そんなビラはノールックでゴミ箱行きだ。

不用品回収業者になりきり、家主と信頼関係を築く。
そこからの不動産購入もOKですというさりげない提案
家主の心に響く。投函されたビラなど足元にも及ばない。

これなら買える。
相場とかけ離れた爆安価格で買えるぞ・・・!
お金をもらって非公開物件に入れるなんてこんな素晴らしいことはない。
こうしてワタクシは不動産市場で圧倒的優位性を得るのだ・・・!

確信したワタクシは早速労働力を確保すべくうつ病大家氏に連絡を入れ、一部始終を話した。

作戦失敗

ところが、うつ病大家氏によるとこの不用品回収業、ノウハウが結構明暗を分けるらしい。
いわく、

2tトラックで行ったら4tくらい必要だった。みたいなことがあると2往復必要で利幅圧迫。
パッと見てどんな回収手順を踏むか構想を立てないと1日で終わらないこともある。
引越し業みたいなもんだから筋肉のある若いおにーちゃんを雇わないと辛い。
売るものをどこに保管するか?(倉庫?)は結構場所選びも難しいしお金もかかる。

涙目である。
確かに引越し業者の人、ぱっと家の中を見て「これなら5時間くらいですね」とか言ってくれる。
現場を見てすぐに回収の脳内シミュレーションを行うことによって業務を締め切りまでに終わらせたり、正しい費用の請求ができる。
これ、できるようになるためには経験を積み重ねるか、誰かベテランを雇うしか無い。
しかし、ベテランなら既に自分でやっているだろう。

一度ワタクシが不用品回収業者に転職をして1年くらい働いてからやるならばできるかもしれない。
しかし、そんなことをするくらいなら今の会社のまあまあな給料で働いて副業でも現金を増やして不動産を買っていくほうがよほど早そうだ。

とても悔しいが、ワタクシは信じている。
成功するまでこんな行動を繰り返していくことしかない。

Tagged ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です