借金ナシ副業大家きりたろう

副業で現金を増やして不動産を全額現金一括買い

【比較】本の新品購入はAmazonよりもhontoがお得そう

書籍

本は値下げが無い

書籍には再販制度と言って、メーカーが小売店に対して販売価格を拘束する制度がある。
ちなみに書籍以外にも雑誌、新聞、CDが対象商品となっているためこれらは基本的に新品での値下げは期待できない。
よって、本を新品で購入したいときには値引きではないインセンティブ(ポイントや送料)を比較する必要がある。
中古ならばブックオフなりメルカリなりヤフオクなりでなるべく安く出品されているものを買えば良い。
この記事では「新品で本をいかにお得に買うには?」というテーマで情報を整理してみたい。

ポイントがつく

値下げが無い商品をお得に買う方法としての王道、ポイントについて比較したい。
hontoは税抜き価格に対して1%ほどポイントがつくところがお得だ。
Amazonもポイント制度自体はあるものの対象商品は非常に少ない。

ポイントアップキャンペーン

特定の商品のポイント還元率がアップするキャンペーンが不定期で実施されている。
これにより値下げのない本でもかなりお得に買えることがある。

毎日抽選でポイントゲット

1日1回ボタンを押すだけでできる抽選で毎日ポイントをもらえる。
読みたい本のジャンルを選んで抽選という本好きならではのゲーム風の抽選だ。

リアル書店でもポイントがたまる

なんと以下の書店で購入してもポイントがもらえる!
ジュンク堂書店、丸善、文教堂など大手書店も対象なのが嬉しい。
>>>hontoポイントサービス実施店舗



電子書籍は値下げの嵐

AmazonにはKindleという独自端末があるという強みに対して、hontoで取り扱っている電子書籍は意外にも値下げが強みになっている。
なんと電子書籍には再販制度は適用されないかららしい。
実際にhontoでアカウントを作ってみるとすぐに分かるが、どんどん値下げクーポンが配布される。
そのほとんどは電子書籍を対象としている。
また、電子書籍はクーポン以外にも値下げキャンペーンを頻繁に行っている。
hontoは専用のビューワーアプリを提供しており、Android/iOSスマホか、Windows/Mac PCで読むことができる。
>>>hontoビューワーアプリ

Amazon最強!と思考停止していたがよくよく調べてみるとhontoにはhontoの独自の企業努力が感じられ、また本をたくさん読む人の気持ちに沿ったサービスになっていると感じた。
本を読むことが好きな人はぜひ使ってみてはいかがだろうか。
ちなみに読み終わった本をメルカリやヤフオクで売ると、電子書籍で買うよりもコストをおさえられる



Tagged

1 thought on “【比較】本の新品購入はAmazonよりもhontoがお得そう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です