借金ナシ副業大家きりたろう

副業で現金を増やして不動産を全額現金一括買い

180万円で戸建てを買って大家業を始めるまでに読んだ全書籍

不動産

ワタクシが初めて不動産を買ってから2年。
現在では戸建て1軒、区分1軒を運営しており、現在団地に買い付けを実施中だ。
初心に帰るという意味でも、最初に始めた頃のことを書き残しておきたい。

きっかけ

何十年も会社員やるなんて嫌だな、と思って既に不労所得で引退している人たちのことを調べていて、以下のブログに出会った。
>>>ITボーイの不労所得でセミリタイア
現在はあまり更新されていないようだが、こちらのブログで以下の本を読んでから不動産投資を始めてみた、といった記事を発見した。

借金ナシではじめる激安アパート経営 不動産投資でつとめ人を卒業スル方法(CD付)
加藤ひろゆきさんのこの本を読んで、借金をしなくても不動産は買えるということを知った。
実際、100万円以下で戸建てを購入されている経験なども具体的に書かれていた。
これを読むまでは3000万円くらい持ってるか、借金をするかしか不動産を買う道は無いと思っていたが、この本を読んでから、実はやってみたかった大家には誰でもなれるのだということを知り、ワタクシも家を買ってみるぞ!と決めた。

勉強した本

加藤ひろゆきさんの本を読んでから、もっと不動産のことを知りたいと思って、評判が良さそうな本を片っ端から読んだ。
以下、ワタクシが2年前に読んだ本たち。

ボロ物件でも高利回り 激安アパート経営―入居率95%を誇る非常識なノウハウ

こちらも加藤ひろゆきさんの本。確か最初に読んだ本よりも少し新しく、紹介されているエピソードなどもかぶっていないので両方読んでよかった
振り返ってみるとワタクシの築古物件を現金買いする手法は完全に加藤ひろゆきさんの投資手法がベースとなっている。

ボロ物件でも高利回り 激安アパート経営―入居率95%を誇る非常識なノウハウ
ちなみに、初めて物件を購入できたとき、明らかに相場より安く買えたので嬉しくて加藤さんの公開されているメールアドレスにメールをしたところ、その日のうちに返事が来た。毎日みていらっしゃるのだろうか、本当に驚いた。

そして私は「金持ちサラリーマン」になった―全国4000万人のサラリーマンに贈る、誰もがお金持ちになれる法則

加藤ひろゆきさんがブログでお名前を紹介されていたかなんかだったかな?
吉川英一さんという富山の大家さんの本。
不動産だけでなく株や税についても詳しく書かれている
自費出版?だったのか品薄状態になっており値上がりしてしまっているが、読む価値のある素晴らしい本。

そして私は「金持ちサラリーマン」になった―全国4000万人のサラリーマンに贈る、誰もがお金持ちになれる法則

サラリーマンでも「大家さん」になれる46の秘訣―実践版 利回りがすべてのアパート・マンション経営入門 (実日ビジネス)

売るのではなく貸して稼ぐのだ、ということを具体的に教えてくれる本。
また、競売についてはこの本が一番詳しかった

サラリーマンでも「大家さん」になれる46の秘訣―実践版 利回りがすべてのアパート・マンション経営入門 (実日ビジネス)

サラリーマンこそ自分株式会社をつくりなさい――1000万円生活を謳歌する

こちらも吉川英一さんの本。
個人は増税、法人は減税の時代において、自分ひとりだけの会社を作り、自分の身を守る術が税金への深い知識とともに書かれている。

サラリーマンこそ自分株式会社をつくりなさい――1000万円生活を謳歌する

写真マンガでわかる 住宅メンテナンスのツボ

大家向けというよりは、住宅を所有している人やリフォーム業者向けの本。
だが、そういった視点で住宅のメンテナンスすべき場所、痛み方などが写真とともに掲載されている。
また、壁の材質やそれによる性質、痛みやすさなども書いてある。
ワタクシが物件を見る時の基礎知識は全てこの本を土台としている

写真マンガでわかる 住宅メンテナンスのツボ

ゼロからはじめる「木造建築」入門

現金で買えるような家は築古の木造が多いと思い、読んでみた本。
建築士や建築業界を目指す人に向けた本だが、大家としてはどんな間取りが耐久性に優れているのか?といった部分は必読だと思う。

ゼロからはじめる「木造建築」入門

健美家のコラム

最後に、書籍ではないが様々な大家のことが知れる健美家のコラムはたくさん読んだ。
借金をして都内の一等地に物件を買う人、田舎のボロい物件を現金で買う人、レッド吉田さんの記事など、いろいろな考え方を知ることができる。
ワタクシはいろいろな人の体験談を読んだ上で最終的にはボロい物件を現金で買う手法を選んだ。
これは好みだったり、自分が住んでいる場所だったりで決まると思うので正解は無い。
今でも健美家のコラムはなるべく読むようにしている。
https://www.kenbiya.com/ar/cl/

実際に役立ったのか?

物件を今までに2回買って運営してきた中で、これだけ読んだ本たちは役立ったのか?というところだが、結論かなり役立っている
競売についても、物件探しも、内見も、価格交渉も、ほとんどはこれらの本の知識をベースとしている。
そこにほんの少し、売り物件情報をたくさん見れば相場も理解できるし、内見も行けば物件の状態も知ることができる。
売り物件情報を1, 2ヶ月も見て内見も10軒ほど行けばだいたい現地に行かなくてもネットでの情報で「買い」物件はわかるようになってくる
ワタクシが購入した物件は2軒とも順調に稼働しているが、今後も購入していくにあたり最初に買った時の情熱と勉強内容は忘れないようにしていきたい。

1 thought on “180万円で戸建てを買って大家業を始めるまでに読んだ全書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です